C型肝炎とは何でしょう?

日本人に多い病気で死に至る病気のうち一番多いのが皆さんもご存知だと思いますが「ガン」

です。

そのガンの中でも男性の1位が肺がんで、女性の1位が大腸がんです。

肺がんはタバコの喫煙が原因とされていますが、タバコを吸わない人でも肺がんになる人もいます。

大腸がんは女性には便秘の人が多いのでそれが原因といわれています。

2位は男性が胃ガンで女性が肺がんだそうです。

3位は男性が大腸ガンで女性が胃ガンだそうです。

4位になると肝臓がんがあげられていますが、C型肝炎に感染したことが原因でこの肝臓がんになる人が多く、このC型肝炎の時に適切な治療を受けていれば、ガンに進行しないで完治出来た可能性もあるのです。

有名人のなかでもこのC型肝炎に侵されて、カミングアウトした人もいます。

今も活躍中のハリウッド映画に出演したことで話題になった俳優もこの病気を克服しました。

この俳優さんはその前に白血病を患いその時の治療が原因でC型肝炎に感染したと自身の自叙本で明らかにしました。

お酒を飲むと肝臓によくないと言われていますが、飲酒がおよぼす健康被害とはどういったものなのでしょう?

肝臓は人間にとって最も重要な役割を果たす臓器で、食事などで摂取した物をエネルギーにかえて代謝を促したり、アルコールを分解して体外に排出する役割などを果たしているのもこの臓器なのです。

したがって暴飲暴食をすれば、この臓器に負担をかけてしまう事となるのです。

とくにアルコールの暴飲はアルコール肝炎を引き起こし最悪の場合、肝硬変になり、肝臓がんへと進行します。

アルコールも少しなら健康に良いとされていますが、肝臓で分解できるアルコールの量は男性では1日40グラム女性では20グラムといわれています。

それでは、よく耳にするB型肝炎やC型肝炎はどのように感染するのかと疑問になってきます。

このB型、C型肝炎はウイルスなのですが、空気感染や経口感染はしません。

血液を介して感染すするのです。

感染の原因や経路について詳しくはこちらになります。

C型肝炎について知ろう